July 4th (独立記念日)

アメリカでは ‘ジュライフォース’と呼ばれる独立記念日。
年に一度だけ花火ができるこの日のために
数日前から、花火屋さんの屋台がお目見えしていました。
アメリカでは、通常、花火は禁止されていて
年にたった一度、この日だけ解禁になります。

サンノセにいた頃は、モントレーの盛大な花火や
連休を利用してサンディエゴに行ったりしました。
(去年のJuly 4th 『Happy Birthday America』)

今年は・・とくになんにも予定なしでしたが
家の近くの岡の上から見るのが名所だよ
と言う情報を聞きつけてきました。
そのHillは、子どもたちが通っている学校のすぐ横から
登っていって、Irvineやその周辺を見下ろせる
とても眺めのよい場所。
c0026482_7504728.jpg


c0026482_7522398.jpg

一昨年の写真ですが、昼間はこんな感じ。

c0026482_7542833.jpg
こーんな、岩山のような道なき道を登っていくのですが・・
昼間はまだいいけど、夜になると街燈もないし
足元もずるずるすべって、かなり危ない。
こんなところへ夜に見に来る人が本当にいるんだろうか?
と、半信半疑で、花火の上がる9時少し前にいってみたら・・・
いるわいるわ、みんな懐中電灯や、頭にヘッドライトをつけて
ぞろぞろと登っているではありませんか!
息を切らしながら頂上までいくと、なんと、みなさんシートを広げて
座っている・・かと思いきや、電気を照らしてトランプまでしてる人がいる。
おもしろいなあ・・と、思わずまわりの人に目がいってしまう。

9時少し前、まだほんのり薄明るいけれど、ドーンドーンという
花火の打ちあがる音が、四方から聞こえてきました。
遠くに、パッ、パッと花が咲いたように、あちらこちらに
花火が打ちあがり音の数も増えてきて
9時を過ぎた頃には、数え切れないほどの場所から
花火が上がってるのが見えました!これはすごい!
数えられないけど、みえるだけでも50箇所くらいは上がってる。

Heritage Parkの花火が、一番近くはっきりみえて
ファイナル近くになると連発で、一緒に観てた周りの人たちから
歓声があがりました。

c0026482_8433453.jpg
真っ暗になって、花火が上がってからの写真は
ほとんど黒くて映ってないので、まだ花火が上がる前の写真です。

30分くらい、夜景&花火を観て、音も静かになったころ
丘を降りていきました。
真っ暗・・・いきはよいよい帰りは・・・
みんなが持っている懐中電灯の明かりだけを頼りに
とにかく滑り落ちないように・・・慎重に降りていきました。

こんな真っ暗な中、これだけ大勢の人が山を歩いてるって
なんだか変な光景で、笑っちゃいました。
夜間集団ハイキングみたい・・・
結構小さい子連れの家族が多かったのでなんだか楽しかったです。
うちの子たちも、来年もここに来たい~!と言ってました。
夜に山登りしたのと、花火をた~くさん観れたのが、嬉しかったようです。


この日を狙ったように、北朝鮮からミサイルの発射がありあました。
アメリカでは、1日この報道でもちきりでした。
日本では放映し得ないだろう恐ろしい映像もニュースで流されていて
子どもたちはそのニュースに食い入るように観ていました。
もし・・日本に住んでいたら、これほどまでに国際問題に
興味を示さなかったんじゃないかと思います。
CNNニュースのキャスターの話を私に解説してくれたヒロたんでした。
(私よりもずっと聞き取れているので・・^^;)
[PR]
by mparadise | 2006-07-04 07:12 | イベント

アメリカに住んでいるからこそ、侍スピリッツを忘れずに。。ナショナルパーク巡りや美味しいものが大好き。愛剣一家ミヤパラもいよいよ14年目に突入です!


by mparadise