剣道全米ジュニア大会 

記念すべき第一回目となる、剣道全米ジュニア大会。
遠く東海岸地域からもたくさんこの西海岸までこられ
約280人の少年剣士が参加しての大会となりました。


c0026482_9231328.jpg

オサは14~15歳のディビジョンに個人戦で出場。


c0026482_923443.jpg

延長戦で15分という、長い試合になりました。


c0026482_924313.jpg

「やった!」と思った瞬間は何度もあったのだけど
なかなか旗が上がらず・・・・・
惜しくも延長戦の1本勝負は相手側に旗が。

本人が一番悔しい思いをしたと思うのですが
しばらくは声をかけずにいました・・・



c0026482_9242957.jpg

ヒロたん、個人戦(14~18才女子)では準々決勝で、同じSCKOでいつもかわいがってもらってる
お姉さん的存在のSちゃんにあったってしまいました。
合宿やこれまでの稽古で、お互いの手の内を知り合ってる相手に
このような試合で当たることは、複雑ではあると思いますが
試合の前にお互いに「がんばろうね」って声掛け合ったり。。。
「がんばってね」と対戦相手に励ましあってるところが、なんか笑えました。。。
合宿の部内試合ではヒロが1本勝ちしてることもあり
「今度は同じこと繰り返さないよ!」との言葉通り
この試合はSちゃんの面が決まりました!

試合が終わってから「ありがとう」ハグ053.gif
「がんばって決勝まで行ってね!」と声をかけるヒロたん。



お昼をはさんで、午後は団体戦。
ヒロは武徳殿Bチーム先鋒で出場。中堅みなみちゃん、大将Serraちゃん。

c0026482_9244784.jpg

見てのとおり、14歳のヒロと13歳のみなみちゃんが小さくて
大将に16歳(?たしか、)のSerraちゃんがどーんとかまえてくれて
というチーム。

1回戦、2回戦~、、、と、ちびちゃんふたりが会心の試合運びを見せ
なんと、決勝まで行っていましました!!!
が、ここまでの試合、ほとんど親しか見てないという
寂しい応援だったのです、、、
みんなAチームや男子団体戦の応援に行ってしまったので。

決勝戦では、全員が見守る中での試合。

私がビデオを構えていたら、横にいた人が
「なんだ、ちっちゃいじゃん」と言ってたのが聞こえた、、、

相手はGNEUSKE(NYとか東の方)チーム。

c0026482_9252332.jpg

背の高い相手にめーいっぱい行きましたが
面で1本取られ


c0026482_9254570.jpg

そのあとヒロも面を取り返しました。

その後、中堅引き分け、大将1本取られ
残念ながら優勝は逃しましたが

c0026482_9261183.jpg

チームワークでここまで上がってきた3人
とってもいい試合でした(うるうる)

それでもやっぱり悔しかった3人はいつまでも
手を握り合って泣いていました。。。


c0026482_9263737.jpg

個人戦で優勝した子もふたり、男子団体も3位
ベスト8以上に入った子も何人かいて、チームはたくさんのトロフィーとメダル!!
でも、メダルの数よりもこの日のためにみんなで一生懸命がんばったことが
これからの糧になっていくことでしょう。

オサも、試合後しばらくは元気なかったけれど
Y先生(他の連盟ですがいつも何かとアドバイスをくださいます)
からの伝言を伝えたところ元気になりました!
「これからはもっとハードに、そして自分に何が必要かを考えながら
稽古していく・・・」と、この後のレイクタホからの友達へのポストカードに
書き記していました。

c0026482_9265014.jpg

ツーソンで、家族だけで稽古するには限界があって
特にオサにとっては試合のときに対応できるような稽古相手がいないことが
一番の問題だと思います・・・。
その点、ヒロはいつも兄ちゃんが相手してくれてる。
そういう意味では、ヒロが取ったメダルは
兄妹二人でとったメダルとも言えるんじゃないかな。



次の目標は、来年の全米大会に向けてのチームトライアウト。
父さんは中高生指導のDVDを見たり、本やビデオで勉強して
二人のための稽古内容を作って、そして体を張って二人の相手もしてあげています。
私も・・・がむばります042.gif
[PR]
by mparadise | 2010-07-25 09:19 | 剣道

アメリカに住んでいるからこそ、侍スピリッツを忘れずに。。ナショナルパーク巡りや美味しいものが大好き。愛剣一家ミヤパラもいよいよ14年目に突入です!


by mparadise