<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

3月4日、5日で、オサがScience Olympiad のアリゾナ州予選大会へ参加してきました。(前日記にて)
そしてなんとなんとなんと!!!!!! 
オサの課題のひとつの『たんぱく質の特定モデリング』が
1位に~~~~~~~(ノ*゚▽゚)ノ
そして5月に行われるWisconsinでの全米大会にアリゾナ代表で出ることに!!!
こここここれはすごいことになってしまいましたーv(≧∇≦)v


この大会のチーム編成と代表選出というのがチョット複雑な構造なのですが

まずそれぞれの学校からの代表として、15人でひとつのチームが作られます。
オサの高校から出たのは2チーム。ブルーチームとシルバーチーム。
1チーム15人の中で更に3人ずつのチームに分けます。
その3人ひとチームに、それぞれ3つずつ課題が与えられます。
オサがやったのは
①ヘリコプターの設計、作製、作動
②病原菌の検出
③たんぱく質の特定とモデリング

3つ全てを研究・作製し、コンペティションで提出、審査には筆記試験も有り。
それぞれが得た得点を加算し、ブルーチームの総合得点が出ます。
最終の合計得点で順位が決定されます。

オサのやった③たんぱく質のモデリング が1位に。
①ヘリコプターは4位 ②病原菌の検出は11位 でした。
総合得点で、オサの所属するブルーチームが1位だったので
アリゾナ代表として全米大会に行ける、という結果です。
ちなみにシルバーチームは2位だったらしく
1位2位を占めたというのは、初めてだったそうで
学校としても名誉なことだったでしょう。


5日の夜、会場のPhoenixから帰ってくるのを迎えに夜10時に学校に行きました。
スクールバスが到着すると、迎えの親達がバスを囲み
降りてくる子供達に歓声と拍手でお迎え!
メダルを首からさげて嬉しそうに出てくる子供達。
そして大きなトロフィー二つ。
どの子達もいい顔してました。

結果を先に書きましたが、実はオサは大変な問題をかかえていたらしいのです。
大会前日にPhoenixiに到着し、ヘリコプターの試運転をしていたところ
なんとヘリコプターが壊れて動かなくなってしまったそうな。
3人は、ホテルの部屋でヘリコプターをいちから作り直し。
なんとなんと朝方までかかって完成させ、当日の審査に間に合ったそう・・・・
ほとんど徹夜で審査に参加、試験に挑んだというわけで

土曜日の夜中に「nemui.......」とひとことだけメールが送られてきて
てっきり友達とのお泊りで嬉しくて夜更かししてるのかと思った母ですが
そんなことになってたであろうとは・・・・・・・

結局ヘリコプターは4位で、得点としては上位だったので
チームには迷惑かけることなく貢献できたということで・・・
そういう意味でも、個人の努力が個人に返ってくるだけでなく
チームのためという意識が必要になってくるところが
おもしろい仕組みだな、と思いました。


帰ってきた日の夜はかなり疲れた顔をしていて
「2日間、ハンバーガーとスナックばっかり
体に悪いものばっか食べてた」と言うので
次の日は野菜たっぷりサーモンの味噌鍋(石狩風)を作ってあげました。


c0026482_534385.jpg


c0026482_5354441.jpg

1位でもらった金メダル!!!



c0026482_5361652.jpg


c0026482_5365660.jpg

学校代表のユニフォームとしてのTシャツ
スクールカラーはブルーです。
(野球のユニフォームもブルーです)

2008年からは今年を含め、4年連続でアリゾナ代表として選ばれています。
ここツーソンのアリゾナ大学工学部は全米トップで
大学関係の仕事の親が多いこの地域の子供が通う高校なので
理数系に強い子が多いということもあるようです。


c0026482_5374245.jpg

アリゾナ大会でもらった記念Tシャツ
色が(文字の色も)・・・アリゾナらしいな。


次は5月のナショナルに向けて最終調整がんばってほしいです。
[PR]
by mparadise | 2011-03-08 05:32 | 教育

Science Olympiad

今夜、オサは1泊のお泊りです。
Science Olympiadの、アリゾナ予選のためにPhoenixまで行ってます。

オサは高校で3つのクラブ活動に入ってます。
そのうちのひとつがScience Olympiadです。
科学のオリンピックで、アリゾナの予選を通ると全米大会に行けます。

まず、学校の代表になるにも厳しい審査がありました。
これまでの成績、テスト、そして面接。
合格できなかった人はウエイティングリストに載せてもらえますがオサは無事合格。
合格者は更にクループ分けされ、オサは一番上のブルーチームに入ることができました。
そしてさらに、課題ごとにチームを組みますが
オサの課題は
①ヘリコプターの設計と作製、作動
②病原菌の研究
③たんぱく質の特定とモデリング
私にはさっぱりわかりませんが(^^;)マモちゃん説によると
たんぱく質の特定とモデリングなんてまだ最新分野の研究で非常に難しいぞ。とのことです。
実際にオサも、モデリングが複雑で難しいと言ってました。

普段は毎日、朝夜と野球部の練習とトレーニングがあって
その合間に、土日もチームメンバーと集まって
このScience Olympiadの研究などしていました。

そしていよいよこの日が来ました。
金曜日の今日、朝からチームはバスでPhoenixに移動(車で2時間)
会場で準備や確認などをして明日本番です。
作製したものの審査、プレゼン、そして筆記試験まであるんだそう。

良い結果が出せて、wisconsinで行われる全米まで行ってほしいです。
http://www.soinc.org/

他に入部している3つ目のクラブは
社会(政治、経済、国際情勢)についてディベートするというクラブだそうです。
アメリカでは、小中学校から、政治に関する勉強をして
各党派に分かれて議論する、なんてことをやっているみたいです。
そのために、子供のころから政治に感心を持つ子供が多く
先日うちの近くであった、民主党議員が打たれた事件に巻き込まれた
クリスティーナちゃんも、9歳で政治に関心を持ち
あの演説会に参加してた・・・と言うことです。
うちも、私よりヒロの方が政治に関してはかなり詳しいし興味を持っています。

話は戻りますが、1泊で出かけるオサに「電話してね」と言ったけど
電話はくれるでしょうか・・・・・
ま、気が気じゃないのは親の方だけ、かもね。

工学博士の父を越えるのがオサの夢  なんだそうで
目標にしてもらえるのは父親としては幸せなこと…  (ですか?笑)

ちなみにヒロは、漫画・アニメ業界を目指していますが
漫画家の母親を見てきて
「漫画家は大変そうだから、、、、、、」と・・・
確かに、漫画家志望者は履いて捨てるほどいて
たとえプロになれても生活できるほどに生き残るのは大変で
絶対的作業量が他の芸術より多い割にはお金にならない、、、、、
なんだか夢のない姿を見せてしまってるようで母としては複雑ですが、、、、
これも現実として知っておくのは大事だと思います・・・
ただ、ヒロは広い分野でデジタル面と芸術面の両方でリンクされてる形で学びたいらしいので
だいたい勉強したい分野は固まってきてるようですが。


最後は本人の意思と努力のみです。
親として影で支え、見守って行きたいと思います。
[PR]
by mparadise | 2011-03-05 08:01 | 教育

アメリカに住んでいるからこそ、侍スピリッツを忘れずに。。ナショナルパーク巡りや美味しいものが大好き。愛剣一家ミヤパラもいよいよ14年目に突入です!


by mparadise