<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ヒロたんの日本語勉強

この前、映画「ホームレス中学生」を観ていたら
受験勉強のときに、壁や天井に
覚えることを書いて貼り付けているシーンがあって
それを早速まねしてるヒロたん。


c0026482_2253336.jpg

洗面所。
歯磨きしながら、ドライヤーかけながら

シャワールームのガラス戸にまで貼ってあった。。

c0026482_226213.jpg


ベッドの枕元の壁。


少しの時間でも上手く使って
小さなことの積み重ね。

その前に、そういう心がけがないとできないけど。


兄ちゃんにも少し見習ってほしい、、、
[PR]
by mparadise | 2009-06-30 10:55 | 教育

日本語トレーニング

ツーソンに越してきて、自宅で日本語を勉強するようになってから
1年が経とうとしています。
9年前にアメリカに越してきてからずっと、日本語補習校に通って
日本語を習得してきた、そのありがたさが今になってやっとわかるのですが。。

父さん担当の数学と理科は、現地校の成績もUPするほどの
影響力で身についています。
専門分野なので、このまま大学の講師としていけるDr.マモちゃんの授業
、、、に比べると、母担当の社会と国語力は、、、、


現在、ベースにしてるのは日本の文科省指定の教科書。
海外子女教育振興財団の問題集と、毎月送るテスト。
それと、最近使ってるのが ↓ の問題集。

カリスマ受験講師 出口汪の日本語トレーニング

出口 汪 / 小学館



最初のきっかけはこの本。

全ての日本語 -- 漢文も古文も現代文も、論理的に成り立ち、その読解方で理解することができる。と言う。
数学や科学を論理的に、というならわかるけど、言葉・文章を論理的にとはどういうこと?
国語の問題を解答する上で、‘理論的エンジン’を使うとは?

その説明の導入本がこの本で、いくつかの問題例が載っている。
「なるほど」とは思ったが、言われてみると私が受験勉強してたときもある程度は使っていた説き方。

「こんなの補習校で習った」 と、子供たちが言うとおり
中学生の基礎レベル段階で必要なこと。


●文節
構成している文節の、それぞれの関連性。

●文章
論説文の文章がどのように組み立てられているか。

しかし、、 まずこれが身についてないと次へは進めないということだ。
この本には例題しか載っていないので、『日本語トレーニング』のシリーズでの
問題集には、基礎から大学受験レベルまで100の問題が載っています。

そして今、高校受験用として取り組んでいる ↓ の問題集。


出口の国語レベル別問題集―高校受験 (理論編) (東進ブックス)

出口 汪 / ナガセ



0 論理編
1 基礎編
2 標準編
3 難関編

設問に使われる文章は、主に
『論説文』 『小説文』 『随想文』 に分けられ
それぞれに解法がある。

レベルは、数字が上がるごとにむずかしくなるが
0 論理編 で、すでに解読が難しい文章が取り入れられている。
しかし、何題か説いていくうちに、ロジカルリーディングの法則を
掴み取ることができてきる。
そのうちに国語の問題を解くのが面白くなってくるほど!

ところが、うちの子供たちの問題は、『語彙力』『漢字』
問題を解く前に、文章の意味がわからない。
1行に、読めない漢字や意味のわからない言葉が
2,3語あったりするもんだから、その説明だけでも1日が終わってしまったりする。。。。

まいったのは、大江健三郎の小説問題。
私でも文章を5回は読んだ。
レトリック(文章上の技巧)を多用しているので
肝心の主人公の心情の変化を把握していくのが難しい。

「なんでこんなややこしい文章にするんだぁ!?」
簡潔でわかりやすい英語の言語の方が強くなってるオサにとっては
日本語の表現は本当に難しいと思う。
しかし、だからこそ深く情景描写できる日本語の素晴らしさを読み取ってほしい。
「ひとつづつでいいから、よーく情景や心情を思い浮かべてみて」
そう説明しても、まったくどうしてそう受け取る?と思うような
とんちんかんな受け取り方をしてくれる。。。。
 
小説文の解読で注意しなくてはいけないのは
『主観的』ではなく、『客観的』に読み取ること、だ。
しかし、ただでさえ日本語があやういこの子たちにとっては
どうしても『主観的』になりがち。。。
(国語の問題を解く場合ではなく、ただ趣味で小説を読む場合は
『主観的』でもいいのです。その人がその小説の中で
どんな世界を作ろうと、自由ですから)

c0026482_5474539.jpg


オサとヒロに渡す問題のコピーに、それぞれ説明文(緑)などを書き込んであげてるのに
問題を解きながらいたずら書き(青)をしていくオサ、、、、、
くぅぅ~~~((o(>皿<)o))

根気良くやるしかないです。


とにかく、目からうろこの出口さんの日本語トレーニング。
日本ではすでに話題のベストセラーらしいですが。

ロジカルリーディングについてはここで説明すると長くなるので
興味のある方や必要な方はぜひ購読を!

ま、我が家としては、出来るだけたくさんの本を読み
問題を解き、語彙と漢字を覚えていくしかありません。

二人には、『日本人』としてのアイデンティティを強く持つことと
日本語の素晴らしさを少しでも多く知ってほしい
そう願います。

ちなみに、社会の方も、普段使わない日本語での言葉を
覚えなくてはいけないので子供たちにとっては厳しそう。
特に日本史や、日本の公民。
ただ、現地校とリンクしてるところは得意になって私に教えてくれる。
そういう気持ちを上手く利用して進めていかなくては。
私にとっては、改めて勉強する機会になって
今だからこそ興味深く勉強できることなど、たくさんあります。
[PR]
by mparadise | 2009-06-15 15:08 | 教育

アメリカに住んでいるからこそ、侍スピリッツを忘れずに。。ナショナルパーク巡りや美味しいものが大好き。愛剣一家ミヤパラもいよいよ14年目に突入です!


by mparadise