<   2009年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Promotion Ceremony

オサのミドルスクールの卒業式がありました。

早いもので。。。 うるうる(゚ーÅ)
6歳でアメリカに来て、キンダーから教育を受け
中学を卒業。。。  (┯_┯) ウルルルルル

キンダーでは、「みんなの言ってることがわからない」
と、泣いてばかり
母はクラスのボランティアに入り
毎日様子を見てあげていたのに

いつのまにか学校では同じ学年の子の
Tutorに選ばれ

そして卒業式では210人の中から選ばれて
卒業生代表でエッセイを読み上げました。

c0026482_23713100.jpg

壇上で英語でスピーチする息子を見ながら
これまでのアメリカでの生活が
いろいろ思い起こされました。

もごもごとして、話せないんじゃないかと
心配してたけど。。。

堂々としてました。
姿勢がいいのは剣道のおかげですね。

c0026482_2374967.jpg

ミドルスクールではまだGraduationとは言いません。
教育過程にあって、次への進級という意味があるので
Promotion Ceremony といいます。

c0026482_4113695.jpg

日本の卒業式のように、おごそかに。。という雰囲気はなく
至って明るいです!!!

女の子の服装は、フォーマルと言うより。。
キャバクラ!?って感じ。。

卒業生や先生が、舞台の上の椅子に座って
舞台下に座る両親と向かい合わせになります。

c0026482_2382765.jpg

お世話になった野球の監督でもある
Socialstudyの先生と。

c0026482_2385154.jpg

なんか、、 このまんまリクルートでいけそう
5年後のスーツ姿はいったい。。。。。。w(゚ー゚;)w
[PR]
by mparadise | 2009-05-29 02:34 | 教育

製本

Language の宿題で、オサが本を作りました。
学年末のテストで、今回はペーパーテストではなく
この本作りがスコアにかかわってくるとのこと。

お話の内容のテーマはギリシャ神話。
5thの生徒向けで、実際作られた本は
恵まれない子供たちにドネーションされるのだそう。

話も作って製本しなくちゃいけないに
期限はたったの4日間。
メモリアルデーの祝日を含め
休日返上でとりかかりました。

他の教科の勉強もあるのに、
ちょっと厳しいよねぇ~

と、親の私が文句を言ったらはじまらない。


この製本を手伝って、息子が完璧主義だということ
改めて知らされました。

ふぅ~、疲れたぁ~。。。


では、製本の手順をご紹介します。



c0026482_3142943.jpg

本の表紙、裏表紙、背表紙の部分になる
硬めの紙を用意します。
閉じたときに余裕を満たせるよう、それぞれに隙間を作って
布を使ってつなげます。

c0026482_3144892.jpg

閉じるとこんな感じ。

実は、オサがこの用紙と中身の本文が入るページの紙を
同じ大きさで用意したら中身がはみ出てしまったので
布をはがして、余裕部分を多めにとって作り直しました。

c0026482_315380.jpg

全体をかぶせる紙を貼ります。

c0026482_3152878.jpg

本文となる中身のページに、糸を通すために
1枚ずつ均等に同じ場所に穴を空けていきます。

c0026482_3154152.jpg

糸を通していきます。
製本するための糸の通し方があります。
(ネットで調べました)

c0026482_3155373.jpg

表紙の作成に戻ります。

背表紙を貼る。

c0026482_316678.jpg

表紙と裏表紙を大きめにとって
内側に折り込んで貼る。


そして。。。

一番肝心な工程、中身をカバーにくっつける作業ですが
あまりにも大変だったので、写真を撮ってる余裕もなく。。
(撮り忘れですが)

説明するのも難しいのでとばします。

とにかく丸々3日はこれにかかりっきりで

c0026482_3161954.jpg

出来上がった1冊のオリジナルの本!!!!

すごいぞーーーー
これ、本当に、本だ!!!

c0026482_3164646.jpg

表紙の内側も、ちゃんとこんな感じ

c0026482_317948.jpg

わ~! 開いた!
(糸でくくったところがやぶけるんじゃないかとちょっと恐い)

c0026482_3172518.jpg

なかなかセンスのある作り方。。。

c0026482_3173928.jpg

手放すのがもったいなくなってきた。。

ところで、こんなにこって本格的に製本したけど
Languageの宿題なんだから
評価されるのは中身の文章でしょ?


c0026482_3175073.jpg

母にはちんぷんかんぷんですけど、、
大丈夫なの?

2日間で書き上げた文章だけど
本人は自信満々。


提出日、
学校に持っていったら
先生も友達もえらい驚いていたって。。。

みんな、適当にクリップで留めるとか
ホチキスで留めるだけで
こんなふうに本にしてる人はオサだけだったとか。。


たぶん、その程度でいいんだといわれていたはず。
でも、やるからには完璧にやりたいオサ
母を巻き込んでの本格製本。

勉強になりました。


ちなみに、表紙とか押し絵に使ったのは
映画のフィルムからフォトショで画像を加工したのだけど
これまた懲りすぎて時間かけてたみたい。

私の知らない機能も
この3日間であっという間にマスターしてる。

若い人の機械に対する適応能力は
すごいなあ。。。。。
[PR]
by mparadise | 2009-05-29 00:00 | 教育
稽古の日。

道場の近くまで来たら
なにやらパトカーが数台。

「また何かあったね」

ツーソンのローカルニュースでは
毎日のように殺人事件などを報道。

メキシコ国境に近いこの町では
ギャングが多く
麻薬の取引などそこらへんでされていて
家の近くでも普通に車がほいほい盗まれるし
銃撃もしばしば。

こんなに小さな町での犯罪率は
アメリカ全体の平均を上回っている。
だから

「またか」

そう言いながら道場に着いたら

( ̄ロ ̄|||)!?

道場の前と道路はす向かいに
ツーソンのパトカーが全部集まってきた?!
ってくらいの台数。

これはただごとではない。。。。

うちの車がちょうど道場の駐車場に入った後に
パトカーが交差点に横づけして
進入禁止にしてしまった。

「何があったの?何があったの?!」
先に来ていたダニエルに聞いたら
「自分も来たときにはこうなてたからわからないけど
銃を持った人がいるらしい」

L(゚□゚)」オーマイガ!

なんでそんな事態に
空手の稽古してるの?!

1時間半前に始まってた空手の先生に聞いても
「来たときはすでに騒ぎになっててわからない。
ガンを持った人がいるって」

それで、その周りの住民とか
ここにいる人は非難しなくていいの????

普通にそこらへん歩いてる人いるし。

よくわからん、ツーソンの常識。

「刀、持って行こうぜ!!!」
ダニエル、いくらここに日本刀があっても
銃には勝てないと思う。
燕を切り落とした佐々木小次郎のように
弾丸を切り落としますかぃ。。。

そう、ここの道場には本物の日本刀が
置いてあるんです。
それもそれで恐いけど。。。。

脱線しましたが

剣道の稽古も普通に始まって
その1時間後くらいには
パトカーも全部引き上げて
平穏が戻りました。

あんなにたくさんのパトカーを
一度に見たのは初めてだったぁ

ちなみに道場は
うちから車で15分くらいのところなんですけど
そのあたりには、よく行くTrader Joe’s
(オーガニックのグロッサリーストア)とかあるんだけど・・

恐いので一人でぶらぶら歩くことが
ますます少なくなった今日この頃です。


パトカーと言えば

ツーソンってほんとよくパトカーが走ってます。
しかも、2台でペア組んで走ってること多いです。
凶悪犯に備えて、1台ではなく2台で走ってるみたいです。
[PR]
by mparadise | 2009-05-16 10:44 | ツーソン生活
動物系の話はいろいろありますが035.gif

ある朝、朝食を食べていたら
窓の外でなにかが横切っていくのが
視界に入ってきた。

「ぅわ!なんか通って行った!!013.gif

今回叫んだのはマモちゃん。
「なんか通って行ったよ!」

確かに私も、何か横切って窓枠の視界から
消えていったのを見た。。。

動物が向かった方向の部屋へ飛んでいって
窓から見回したけど
なんにもいなかった。


数日後、同じ時間帯にまた!
窓枠の視界から消える一瞬だけ見えた
そのシルエットは・・・
猫よりも大きくて、トラよりも小さい
「マウンテンライオン?!」

マウンテンライオンは、恐いんだよぅぅ~~~
アーバインで子供たちが通ってた小学校で
(うちが通いだした数年前ですが)
マウンテンライオンが現れて
教室を全部ロックし子供は教室で
レンジャーが来るのを待機してたことがあったとか。

またまた行く手の方向の部屋から見に行ったけど
なにもいなかった・・・・

もしかしてここが通り道になってるのかも。
しかも同じ時間帯に。

朝は、朝食やお弁当つくりの後片付けに追われて
キッチンに立ち通しなので
手は動かしながら視線は窓の外を気にするようになっていた。

そしてついに目撃!!

c0026482_9151484.jpg


c0026482_915419.jpg


ワイルドキャット!!
(野良猫という意味ではありません。)
その風貌は、トラとかヒョウのような
いかにも野生的な肉食的な鋭さ。。

この日のために(?)手元に用意していたカメラを持って
窓際からシャッターを押していたら
なんとこっちの気配に気がついて
近寄ってきた。
いいよー!来なくていいよ~ 
 ミ\(≧ロ≦\)シッシッ (こっちがあとずさり・・)
窓のぎりぎりまでやってきて
こっちを見上げている。
もしかしてただの飼い猫?人に慣れてる?

違う、これは見るからにワイルド・・

恐くて窓を開けとけないし
網戸にしててもひっかいて入って来そうで恐いよ~

なんだか庭掃除も気軽にできない。


そういえば、子供たちが通ってる学校の
シンボルマークはこんなです。

c0026482_9373156.jpg


これは、PE(体育)で着るときの体操着。
[PR]
by mparadise | 2009-05-16 09:44 | ツーソン生活
剣道から帰ってきて、ガレージの前に車をとめ
防具をおろしていたとき
何か「こりこり」「こつこつ」と音がしていた。
最初はそんなに気にもとめずに
荷物をおろしていた。
車と家の中を行ったり来たりしていて
(なにせ4人分の防具やら荷物やら飲み物やらで
片付けるのにもひと仕事・・)
「こりこり」という音がちょっと気になったので
ふと音の方をみてみたら・・・


ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε= ヒイィィィ!!!!( ̄⊥ ̄ノ)ノ


あわてて家の中に逃げ込んだ!!
(そのとき外にいたのは私ひとりだった)
「なんかいる!
なんかいる~~!!
家の前は街頭がないから暗くてはっきりは見えなかったけど
なにか動物の群れがいた!10匹以上はいた!!
「なんかいるぅ~~なんかいるぅ~~」
(それしか言えなかった)
困ったときの生き物処理班長を呼んで
すぐに車をガレージに入れてもらってガレージドアを閉めた。
「なんだあれ???」→(至っておちついてる処理班長)

大きさからいったら、コヨーテとかかなと思ったんだけど
暗闇で黒いシルエットになって見えていたその動物は
丸々としていたような。。。

以前サンノセに住んでいたときに
夜に庭にアライグマの家族が来たのを思い出した。
アライグマといっても意外と大きくて
「熊が来た!!」と叫んだほど。
目だけが光っててのっそのっそと歩いてた。

でも、ここは砂漠・・・
アライグマなんているのかな。

ちょうど、オサどんの部屋の前あたりにいたので
部屋の窓から恐る恐る見下ろしてみると・・・・・
そのシルエットがはっきりと。

「豚っっ!?!?( ̄(∞) ̄)α  )=3 」

豚の群れが家の前に・・・・・

シャワーを浴びようとしていたヒロたんをむりやり呼んできて
「ひろちゃん、ぶたーーー!!ひろちゃん、ぶたーーー!!」
なんなの~~って顔で見に来た動物好きのヒロたんも
思わずびっくり(゚〇゚;)?????
「こわ~~~い。。。。。。」と言いつつ
ブラインドの隙間から豚の観察を・・・

c0026482_935283.jpg

豚の群れがいたところ。

c0026482_9355242.jpg

こりこりと音がしてたのは
この木の実が落ちていたのを食べていたみたいです。


次の日、モマちゃんが会社でこの話をしたら
すでに豚の群れを目撃した人はいたみたいで
べつに驚くようなことでもなかったらしい。。
えさがなくなると群れで移動して
昼間でも豚の群れに遭遇するんだそう。
私が見たときは、ちっちゃな赤ちゃんもいました。
野生の豚って、攻撃性はないんでしょうかねえ。

あれから何度か気にして
夜になると窓の外を眺めているけれど
豚ちゃんたちはいらっしゃってません。
[PR]
by mparadise | 2009-05-15 09:40 | ツーソン生活
c0026482_12302316.jpg


芽キャベツ
小たまねぎ
ピーマン(赤、黄、緑)
アスパラ
マッシュルーム
海老


芽キャベツ、玉ねぎ、アスパラは
多めの塩で色よく茹で
ピーマン、マッシュルームは
さっと炒めて、塩コショウ

ブイヨンとバターのスープを絡めて
全体をさっと炒めたら
あつあつを~♪
[PR]
by mparadise | 2009-05-14 12:36 | 料理

Baseball !!!

オサどん、アフタースクールのアクティビティで
野球チームに入りました!!
念願の野球チームで、毎日汗をかいて
真っ黒になって帰ってきます。

しかし、ユニホームは真っ赤に、、、
そう、アリゾナの土は鉄分を含んだ赤土です。
アリゾナのお土産品やさんで、よく赤土で染めた
Tシャツなんかが売ってますが・・・
この赤土、他の洗濯物なんかと洗ったら
染色されちゃって取れませーん。
しかも、オサどんは盗塁が大好き。
塁に出ると、盗塁せずにはいられません。
おかげでユニホームは赤土をいっぱい吸い込んで
靴下も靴の中も砂だらけ、、真っ赤っ赤、
毎日ごしごし手洗いしてる母です。

アメリカでの子供のスポーツは
『楽しい』が基本。
先輩後輩の格差なんてありません。
ボール拾いだけの人はいません。
苦しい練習もほとんどありません。
「え、それだけでいいの?」ってほどの練習で
試合にGo!です。
そしてとにかくコーチはほめまくります。
ボールを落としても「Nice try!」
空振りしても「Good job!」
失敗してもこんなに褒められたら楽しいだろうな~~

チームができて2週間目くらいから
早速他の学校との試合に入ります。

やっぱりゲームは楽しいものね!

でも、オサどんにはプレッシャーがありました。
なぜなら
オサはピッチャーです。

c0026482_93417.jpg


c0026482_932180.jpg


c0026482_93358.jpg


c0026482_934966.jpg


初めての登板のときは、緊張のため
持ち前のスピードが出なくて、玉が浮いてました。
でも、コーチが褒めてくれます!
「Osamu ! Beautiful form !」
「Osamu ! Nice pitch !」

手首や肩で、力任せにいきんで投げるフォームに比べると
日本人らしい身体全体を使って投げるフォーム。
今までお父さんと地道に練習してきた成果がでてます051.gif

登板しない日は、ショートを守っていました。

c0026482_932425.jpg

c0026482_9135431.jpg

バッティングも、身体を使って振ってます!

c0026482_9341912.jpg

得意の盗塁、でも相手ピッチャーに警戒されてますが

c0026482_9395570.jpg

ホームベースに戻って1点追加

c0026482_915921.jpg

コーチは、social study の先生。

c0026482_9171348.jpg

3ヶ月間、一緒に過ごしたチームメイト。

これから本格夏突入のツーソンでは
もう野外でのスポーツはできません。
(ここ数日はすでに40℃)
また思いっきりボールを投げられる日が来るまで
しばらく野球は冬眠ならぬ夏眠です。。
[PR]
by mparadise | 2009-05-11 09:10 | キッズ

San Jose Trip

春休み恒例の、サンノセ旅行。
アリゾナに越してからは初めて。
ツーソンからアリゾナまでは、車で14時間。
1日の移動は無理~ なので
行きはシカモアに1泊、帰りはモントレーとシカモアに1泊ずつして
のんびり移動することにしました。
とは言っても、ツーソンからシカモアまでも10時間だ!

c0026482_8192552.jpg

移動中、横を走ってたトラックは
オレンジをたくさん積んでました。
(そのまんまごろごろ積んじゃうんだねえ~)

c0026482_8194416.jpg

カリフォルニア!って感じの景色になってくると
気持ちも爽やかに~~003.gif

c0026482_8195729.jpg

久しぶりに観た海

c0026482_8201288.jpg

今年は雨が多いらしく
山も野原も畑も、青々としていました。
CAに住んでいた頃は当たり前だったのに
アリゾナでは見られない景色ばかり。

c0026482_8204011.jpg

サンノセでは三育で仲良くしてたお友達とも会えましたが
久しぶりに会った子供たちは大きくなっててびっくり005.gif
月日を感じます。。。

モントレー、ショアラインの写真は
旅行記にUPしてあります。

[PR]
by mparadise | 2009-05-11 08:37 | 旅行

アメリカに住んでいるからこそ、侍スピリッツを忘れずに。。ナショナルパーク巡りや美味しいものが大好き。愛剣一家ミヤパラもいよいよ14年目に突入です!


by mparadise