<   2007年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

6th Grade Graduation (Osamu)

おさどんも、とうとうアメリカで小学校の卒業式を迎えることになりました。
思えば、初めてアメリカにわたってきた時は、日本で年長さんの
まだ卒園の手前でした。
アメリカのキンダーから入り、一年生はESLのクラスへ
そして2年生からレギュラーへ、毎年毎年学校も環境も変わりながら
なれない英語の生活のなかで3年生くらいからようやく落ち着いて
その後は落ち着きすぎて慣れすぎて、5年生では呼び出しをくらったことも
ありました・・・・・・・・・・・

c0026482_5434552.jpg
卒業のテーマは、Hawaiian。
みんなハワイアンな格好をしてきます。
なんて楽な衣装でしょう・・・^^;
先生方もおそろいのアロハシャツを着てるし
親も家からそのまんま出てきたようなラフな格好・・
さすがCaliforniaです!
それにしても、外で1時間半、暑かったしすっかり焼けてしまいました・・

c0026482_544531.jpg
Pledge Allegiance to the flag
(国旗への忠誠の誓い)
大体の子は胸に手を当てます。
うちもなんとなくの流れで子供達はやりますが・・
(あまり深く考えてないので)
中には宗教絡みの人種の方はやらない子もいます。

c0026482_5442324.jpg
ピアノを弾く子、歌を歌う子
ポエムを読む子、そして最後にはバンドまで。
トライアウトがあって、選ばれた子が卒業にちなんだ
パフォーマンスをしてくれます。
バンドってとこがまたアメリカらしぃ~
「おごそかに」という言葉がぴったりの日本の卒業式とは
ほんっとに180度違う雰囲気です。とにかく明るい!

c0026482_5443730.jpg
担任の先生からひとりひとり
Certificate(終了証)をもらいます。
(ペラペラの紙です・・・・・)

c0026482_5452076.jpg
担任だったMrs.Pipp(楽しい名前でしょう。ピップ先生)と。
6年生でこの先生になってから、おさはぐぐっと成績が上がりました。
まだ任期2年目の若い先生なのですが、子供の良いところをよく伸ばし
良く評価してくれる、なかなか才能のある先生で、特に男の子の扱いが
上手でおさも先生との相性はばっちりでした。
6年生で、Algebra(代数学)の7年生のテストにパスしたオサは
特別グループでMathの勉強をしていました。
出来る子はどんどん引き伸ばす。アメリカの教育です。

c0026482_5461799.jpg
卒業式が終わり、一旦家へ帰って
夜6時半からパーティです。
日本で言うと謝恩会なのでしょうけど
特に先生が来るわけでもなく、ボランティアのお母さん達が
パーティを企画し、あくまでも子供が中心のパーティです。
申し込み制なので強制でもありません。
おそろいの水色のTシャツが、パーティ会場へのチケット。
ゲームをしたり、生バンドで踊ったり、飲んだり食べたりと
9時過ぎまで大騒ぎだったようです。
やっぱり、卒業といっても、しっくり・・って感じじゃないですね。
でも、日本語補習校の卒業式も参加したし
両方味わえることもなかなかないのでいい体験になったでしょう。
[PR]
by mparadise | 2007-06-22 00:00 | 教育

Pioneer Day (Hiromi)

5thではSocial Study で開拓時代の事を勉強していました。
『Pioneer Day』 この日のためにひろたんたちも
たくさんの準備をしてきました。

グループごとに資料を集めたり
放課後、公園に集まってその当時使用したアルミの食器を
並べたワゴンを用意したり、
そして服装
c0026482_644512.jpg
開拓時代の女性の服装と言えば
ロングドレスにエプロン、ブーツなど。
こまったのは、ボンネットという帽子です。
よく農作業などで女性がかぶるつばのまあるい大きな帽子です。
当時のものはもっとおしゃれで
レースのふりふりとか付いてたみたいですが
どこかで売ってるかなと思い、ナーサリーのお店やDIYのお店を
探したけれどなかなか見つからず・・・・・
作ってしまいました。
家にあった古着と白いさらし、リボンなどを組合わせて
作り方をネットで調べて、作ったのです!
なんだかちょっと頭の部分がいびつになってちゃいましたが。。
ひろたん本人がすごく気に入ってくれたのでよしとしました。

ちょっと早めに迎えに行って、なにをやってるのかな~
と様子を見てみたら、ウエスタン風の格好をしたミュージシャンが来てて
開拓時代の歌をみんなで歌っていました。
楽しそうでした~♪♪
お昼も、用意したアルミの食器で当時のスープなどを食べたのだそう。

男の子はみんなチェックのシャツにジーンズ、ブーツなど履いていました。
おさは去年、白のTシャツにオーバーオール、ウエスタンハット
といういでたちで行きました。

他にも、Hawaiian Dayや、Pajama Day など
テーマにあわせた格好をしていく日がたくさんあって
ほんとにアメリカの学校って楽しいですねえ。。
[PR]
by mparadise | 2007-06-15 00:00 | 教育

Wourld Culture Day(Osamu)

6th Grade あたりからグループでプロジェクトをすることが多くなり
おさむ達も年間を通して大きなプロジェクトを手がけていました。
6月の年度末の発表に向けて、ほぼ1年かけて調べて作業して
仕上げてきたものです。
個人個人で調べたものをお休みの日にグループのメンバーの家に集まり
話し合ってまとめたり、その作業で忙しくて剣道の稽古を休まざるを得なかったり
夜遅くまでPCの前で勉強してたりしました。

その、初めてとりかかったプロジェクトは、『Wourld Culture Day』に向けて
各グループごとに与えたれた国について調べることでした。
脩はグループリーダーとして、家でもメールでメンバーとやり取りし
調べたものを添付ファイルで確認しあったり、リーダーという立場の責任を
担ってか、調べものもひとりで背負ってしまったりもしてたようです。

c0026482_234393.jpg
いよいよ発表の日。
Play Groundには前日ボランティアでお父さんたちが作ってくれたテントに
当日の朝早く登校して、生徒達が準備します。

c0026482_2342186.jpg
日本について調べたグループのブースです。
千羽鶴や扇子などが飾ってあり
日本の歴史や文化、風習などを説明したボードがおいてありました。
たぶん外に居る青い衣装を着てる子は中国のブースの子だと思うけど
日本の「浴衣」「着物」と称して着ているものが、ちょっと。。って感じでした(^^;

c0026482_2343568.jpg
おさむのブースのドイツです。
あいにくおさどんは不在で。。
息子を探して歩き回った母です。。

c0026482_2345195.jpg
あ、こんなところにいたいた♪
呼びかけたらいやそうな顔をして
忙しいから話しかけないで、と冷たくあしらわれた。。くすん
他のブースの国のことも、この日に全部回って
調べなくちゃいけないらしいので、本当に忙しそうだった。
母は淋しく帰ることにしましたが
それにしても、他の親はほとんど誰もいませんでした。。

c0026482_235791.jpg
最後にお願いして1枚何とか撮らせてもらった;
どこまでも続く緑の芝生、アメリカの学校ってだいたいこんな
感じですが、環境としては恵まれてますよね。
公園と隣接しているところが多いようです。

c0026482_2352370.jpg
ちょうど休み時間で
ひろたんを見つけたのでつかまえた!
このPlay Groundにいる野うさぎのように
ぴょこぴょこ走り回っていました。
[PR]
by mparadise | 2007-06-06 00:00 | 教育

アメリカに住んでいるからこそ、侍スピリッツを忘れずに。。ナショナルパーク巡りや美味しいものが大好き。愛剣一家ミヤパラもいよいよ14年目に突入です!


by mparadise