<   2005年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

いってきます

今年もサンクスギビング恒例のハワイへ。
今夜の便でオワフへ向かいます。
今年は・・・・防具持参。
以前、武徳殿でお世話になったビリー先生が
ハワイに住んでるので、道場へ連れて行ってもらいます。
ホームステイは、去年同様、Tracey&Gregのお宅へ。

それにしても・・すごい荷物じゃ。
もちろん、今回は炊飯器なしです(笑)

こそこそっと、昇段審査の報告ですが。
二段合格おめでと~とうちゃん。

落ちました、r(^0^;)
でも4月を目標にまたがむばります。
次回はきっと一緒に受ける子供達も多いと思うので
(今回は色々事情があって二人で行ってきたので
さみしかった・・・・)
子供達と一緒にがんばるぞ。

では、ハワイへ出稽古へ・・じゃない、
バケーションが目的じゃ!
いってきます。
[PR]
by mparadise | 2005-11-24 00:00 | 旅行

あこがれ

子供の頃の‘あこがれ’って、何でした?
TVアニメのヒーロー、ヒロインだったり
その当時流行ってたアイドルだったり
学校の先生だったり

まだ私が子供の頃は
「魔法使いサリー」「魔女っこメグちゃん」
「ひみつのアッコちゃん」「魔法のマコちゃん」
と、魔女っこものが流行っていたし
ヒロインものでは
「キューティハニー」とか
スポ根ものでは
「サインはV」「エースをねらえ」
「アタックナンバー1」
剣道ものでは
「赤胴すずのすけ」とか「おれは鉄平」なんかがあったねぇ。
ああ、懐かしい~(笑)

今、ヒロたんの憧れは、  コレッ!

やんくみ、こと山口久美子
毎週楽しみにしてみている。
  かまえる。
  ヒロたんの足が中を蹴る。
  シュッ
「どうやったらあんなふうに強くなれるの?」
次々と、ひとりで悪党を倒していく姿に、惚れ惚れしているよう・・
剣道をしていても、相手の動きを見れるようになれば
ああいう風に強くなれるんだよ。と、教えてあげた。
(稽古中に相手を良く見るようになってくれればいいが・笑)
六三四の剣(漫画)でも、小学一年生の六三四が
ボクシングをする5年生の子を相手に
素早い動きを捉えながら、素手で構え
相手の顔面に一発で食らわすシーンがある。

漫画ネタでした(笑)
が、相手の動きを見る、よむ、って、どのスポーツでも大事ね。
そこまでの域に達するには
修行が必要ぞよ。
[PR]
by mparadise | 2005-11-16 06:00 | キッズ

雨あがる


黒澤明監督が生前から温めていた企画を
黒澤組の助監督小泉尭史の手によって
映画化された作品。

ついつい、立ち合いのシーンには
見入ってしまいます。

本当の意味での‘侍’の心
貧しくても大切なもの
教えられながらも見終えた後に
心がからっと晴れる
まさにタイトルそのものです。
四季がある、日本の美しい風景
日本を離れて気付かされたことも多い
作品と出会った感じでした。
[PR]
by mparadise | 2005-11-11 12:20 | アミューズメント
と言うくらい、剣道中心の生活になっている我が家のようです。。

今日は、Flu Shot (インフルエンザの予防接種)を
受けたにも関わらず、通常の稽古、プラス昇段審査前の
剣道形を先生に見てもらい、さらにその後のクラスの稽古にまで
参加して、とどめは先生のかかり稽古でしめくくり~。
3時間。ふぁふ。。
(*今日は子供達はFlu shot受けてません。)

予防接種を受けた当日は、激しい運動は避ける
これ、一般常識ですか???
(どこのサイトをみてもそう書いてあった)
運動するとどうなるんでしょう?⇒どうなるか書いてなかった。
避ける≠絶対するな    ・・成り立つ?

常識破りの宮脇家。

次の日・・・異常はありませんでした(笑)
でも、一日中倒れそうに眠くて、頭がぼーっとしてました。
(単なる寝不足のせい?)

昇段審査まで、あと4回しか稽古できない。
焦り焦り・・(;ToTゞ
[PR]
by mparadise | 2005-11-11 11:58 | 剣道
直前になって、毎週土曜日に行っているTustin韓国道場の
金先生にお声をかけていただいて
トーナメントに出させていただきました。
たぶん、日本語補習校があるし時間的にも間に合わないので・・
と、お断りしていたものの、最後の方でエントリーしておくから
と、お電話まで下さったので、間に合えば出させていただくことに
しておきました。

4時に補習校からのスクールバスが到着してから家に戻って
ぺこぺこのおなかに軽く流し込んで、大急ぎで剣道着に着替えて
Tustin道場へ。
いつもの稽古と違って、選手やその親や、ですしずめ状態の道場。
間に合うのか、終わったのか・・と、オサとヒロの順番を気にして
きょろきょろしてたら、その日のボランティアのブルースに
「第一試合が早く進んじゃって、終わっちゃったんだよ」と。
そうか、仕方ないね、最初っからそのつもりだったしね。
と、一度出した防具をしまいこんだら
「次、オサム・ミヤワキ」とアナウンスで呼ばれている!?!?
ええ!?何がなんだかわからずに、とにかくオサ、防具をつけるのだ!!
と、大慌てで防具をつけさせ、コートへ走る!
よくわからんが、ぎりぎりで試合に出れたよう。
心の準備も(防具の準備も・笑)できてなかったオサが
一番わけわからん状態で試合に臨んだ(笑)
にも関わらず、なかなか思い切りのいい小手で2本取って
あれ?勝っちゃったぞ?って感じ。
そのあと5試合、(うち1試合は不戦勝)で勝ち進み
なんと、3位までいってしまいました。

c0026482_11444618.jpg
18歳以下の試合でしたが、総勢80名。
韓国連盟なので当然ながらほとんどが韓国人。
日本人はうちを含め、いつも土曜日に一緒に稽古してる
男の子4人だけ。

一応、来る前に覚えておいたのは
審判のかける言葉、もちろん韓国語。
「はじめ」⇒シージャンク
「やめ」⇒クーマン
でも、いつも土曜日の稽古は韓国語なので
だいたい雰囲気でわかるけど。
日本の剣道(というか世界に通用する世界一般の)と違うのは
試合の始めに、蹲踞をしない・・・。
(そんきょ・試合をする直前に対戦する相手と仕切り線をはさみ
腰を下ろして向かい合う姿勢のこと)
その他諸々、あげればあれもこれもと違うところはあるけれど
基本の打つ場所は同じ、ということで
なんとか試合は出来るけれど
とてつもなくパワフルで、力強く、スポーツ化し
(悪く言えば、私から見たら、荒々しい・・)
実際、オサでさえも「やりにくかった」と仰しておりました(=_=;

c0026482_11453816.jpg
ヒロは試合に間に合わなかったにも関わらず
4位のトロフィーをもらってしまいました。
(ヒロの年齢レベルが、4人しかいなかったのです)

c0026482_1147507.jpg

土曜日だけの稽古にしか参加してないにも関わらず
こうやって同じチームとして試合に入れてもらっても
快く迎えてくれるコリアンの子供達です。
c0026482_1154526.jpg
[PR]
by mparadise | 2005-11-05 11:18 | 剣道

アメリカに住んでいるからこそ、侍スピリッツを忘れずに。。ナショナルパーク巡りや美味しいものが大好き。愛剣一家ミヤパラもいよいよ14年目に突入です!


by mparadise