<   2005年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

我が家からの出場者は、私を除く3人。
私は今回はボランティアをしてきました。

Longbeach のハイスクールに、朝7:45集合
終了時間は5時半と聞いていましたが
実際終わったのは夜の7時でした。
12時間労働(笑)
皆さん、おつかれさま。

おさむとひろみは、初めての試合出場経験。
なぜか、昇級審査の時は緊張してなかったのに
今回の試合に関しては、前日から緊張・・
団体戦ということもあって、多少のプレッシャーも
あったんだと思います。

ふたりとも、相手によってずいぶん試合の内容が
違っていたけれど、大きい子にはやはり押されぎみの試合。
同じような背丈の子とは、前に出る剣道ができたようです。
今回の子供の部は10歳以上という規定でしたが
先生がお願いしてくれて、9歳の弘実も出場。
当然、ただでさえ小さいひろみは、出場者のなかでも
飛びぬけて小さくて、次に小さい人との差がかなりあった。
それでも、2試合とも引き分けに持ちこたえ、負けなしでした。

試合の様子はこちら

私のボランティアは、試合前に選手を並ばせ、赤か白のたすきをつける仕事。
「人探しが一番大変な仕事だ」と聞いていたけれど、仕事をする前は
意味がわからず・・・いざやってみたら、本当に大変!!!
名簿を見ながら選手を並ばせようとすると、・・・居ない!
子供なんて、どこかでうろうろしているし
大人に至ってはタバコを吸いに行ったりしてていなくなってる。
ステージが変わるとコートも変わるのだが
自分達がどこへ移動していいかなんて自分で認識してないもんだから
大声で呼んで召集しないと、審判がコートに入って来て
試合が始まったりしている。
しかも、日本人だけじゃないので、名前が全部ローマ字明記。
外人の名前なんて何て読むのかわからないし
大声で呼び出すに呼び出せず
垂れの名前をのぞきこみ、のぞきこみ、のぞきこみ・・・・・
あやしいおばさんになっていました(笑)

いやぁ~、疲れまひた。
これなら、試合に出た方がまだましかも・・?
長い1日でした。
他のボランティアのお母さん、出場した皆さん、お疲れ様でした。
[PR]
by mparadise | 2005-05-31 15:29 | 剣道

惣菜パン

これも、1回目はぼろぼろでした。
やっぱりアメリカのレシピだと、パンがパサパサです。
ぱさぱさのロールパンなんて、牛乳に浸して食べないと
喉を通らない感じだわぁ。
でも、ウインナーを中に入れたので
ウインナー好きの子供達は「美味しい」と言って食べてくれました。

2回目は、アメリカのレシピにこりて
やはり日本のレシピでトライすることに。
やっぱり違うわぁ~~
ふんわり膨らんで、さすがに子供達も違いを見極めたよう。

今日、3回目。調子に乗って倍の分量で
24個も作ってしまいました・・・(^^;
でも、あっという間になくなるんだな、これが。
2回目の時だって私が食べたのは1個だけだったもの。
今日は、ウインナーパンと、コーンマヨネーズと、ハムチーズ。
実は今作ったばかり、もう夜中の2時なのであるぅ・・・
パン屋さんじゃないんだからねぇ。
まだ味見はしていません。
只今ダイエット中なのである。(といって、こんなに作るかッ!?)
c0026482_17592697.jpg
お腹空いたけど、パンを横目に今日は寝るとするか。
[PR]
by mparadise | 2005-05-26 17:53 | food

かつて愛した

彼です。。。。
な~んて書いたら「ぎょぎょっ?!」かしら。(笑)
確かにねぇ。。
14年前以前は狂っていました。
年間多くて11本。北は青森、南は広島まで
彼を追っかけて行きました。
ただのミーハー・追っかけではありませんよ~。

CD欲しいなぁ~。だれか送って(^^*)

あ、時任三郎じゃないっすよ。
歌ってる人です。

この曲は・・おとうさんが聴くのが、一番共感できるのかな。
相変わらずメッセージ的な曲を書いてるんだなぁ~
[PR]
by mparadise | 2005-05-25 08:39 | マイ ジャーナル

昇級・段審査

昇段審査の結果の詳細を、まだ書いていなかったと思います・・・・。
思い出すのは悔しいですが、ほろろ

まずは、おさむ&ひろみの、昇級審査。
c0026482_4364623.jpg
このとおり、小さい子は二人しかいなくて
おさむとひろみで当たってしまいました。(そんな予感はしてた)
実技審査は2回(二人)行われます。そのうちの1回ずつはきょうだいで。
ふたりとも、それほど緊張していなかったらしく
いつもの調子で、やっていました。
ふだんはケンカしながら文句いいながらやってるけど
はやりこういうときになると、お互いのペースがわかるので
やりやすかったんだと思う。
2回目、ひろみはなんと、中学生くらいの背の大きな白人の女の子と
当たってしまいました。
かわいそうだったのは、相手の女の子です。
ひろみがあまりにも小さすぎるので、どうしていいかわからず
かなり手加減してくれた様子がわかりました。
ひろみも、大きな女の子相手に、なんとか打ちに行くけれど
面は届かず・・・ すぱしっこさを利用し、得意の胴でアピール。
胴が決まるたびに、会場から「おぉ!」という歓声と拍手が沸き起こり
なんだかおかしかった・・。
審査で拍手がでるなんてことは、普通ないだろ~(笑)
ひろみは、絶対9歳には見えないので
周りの人は皆、小さい子が一生懸命竹刀を振ってる姿を
微笑ましく見守ってくれていたよう。

そして、昇段審査。
私は1回目、高校生くらいのバリバリの女の子と当たってしまった。
連番で隣に座っていて、この子とかなあと思っていたので
あらかじめ少し会話をしておいた。
中東系?ヨーロッパ?黒人?ちょっと良くわからない異国の方でした(笑)
まず1回目で息切れ・・・すごい勢いでがんがん来る、間がない、
試合と違うので、審査で必要な、打って打たせるのタイミングがつかめない。
まいった・・・・そのまま、呼吸が整わないうちに、2回目
20台くらいの日本人の女性、こちらは落ち着いた方でしたが・・
とにかく1回目で息切れしてたので、腕が上がらない、足が運べない
だめだこりゃ~、と心の中で自滅していました(笑)
週4日、子供たちと一緒に厳しい稽古にもついていっていたつもりだったのに
いざ本番となると、こんなにも持久力がなかったのかと
めちゃ落ち込み・・・・そして、周りの人を見回したら若い人ばかりで
自分のようなおばさんはどこにもいないことに気がつき
さらに落ち込み・・・・

まもちゃんは、何本か決まったように見えたけど
どうも力が入ってるようで、途中転んだりで悪戦苦闘。

結果は、おさむ5級、ひろみ6級(7級で申請したので飛び級でした!)
父と母は、とほほ、二段落ちました。

次の週のオープン稽古で、審査の時にマネージメントをしていた先生がみえて
なぜ落ちたのかを教えてくれました。
まず、子供の剣道になっていること・・・・
勢いだけでかかっていくのではなく、相手を良く見ること。
自分の一足一刀を見極めること。遠くから打ちすぎてるので
身体が前に傾斜していること。
1本、2本、アピール出来る面が欲しいところ・・・
でも、点数の結果まで教えてくれて、あとひとつ○があったら
合格だったとのこと!
審査員5人のうち4つ○がつけば合格ということかぁ。
私は3つだったそうです。
よし、次はがんばろう~!
そのためには早く復帰しなければ。次の審査は10月。

あ、ひとつ付け加えさせてもらうと
アメリカでの昇段審査は、日本よりも厳しいのだそうです。
二段が受かる人は三段並の腕が、
三段が受かる人は四段の腕が必要、といった具合だそうです。
日本でいう武道という認識ではなく、スポーツとして取り入れられているために
かなりのパワフルさとアピールが必要らしい。
アメリカンフットボールじゃぁないんだからねぇ~・・・・・
でもそれに近い認識が、審査や試合の時も必要なのだから
仕方がないね・・。
[PR]
by mparadise | 2005-05-25 04:38 | 剣道

酒饅頭パン?!

と、名づけられたこのパン。
c0026482_4244285.jpg

水の代わりに水分は全て牛乳、卵も入って
割とリッチな食パンなんだけど
なぜか、酒饅頭のにおい・・・・???
卵のにおいかなあ、牛乳のにおいかなぁと思ったけど
やっぱり酒饅頭~~~!?
はてと思い、もちもち感を出すために入れた上新粉。
ほんの少ししか入れてないけど
上新粉のパッケージを見たら、ライスフラワーを書いてある。
でも、たった25グラムなのになぁ・・・?
発酵だんかいで上新粉も発酵されちゃったのかしら?(笑)
まあ、匂いがきにならなければ
今までで最高のふわふわ感のでたパンになりました。
レシピでは、だんご粉を使うとなっていたけれど
上新粉、片栗粉、タピオカ粉など、家に常備してある
その種の粉でいろいろお試しあれ、と書いてありました。
次は何で試してみようかなぁ~
[PR]
by mparadise | 2005-05-25 04:20 | food

もうすぐ試合

29日の日曜日は、南カリフォルニア剣道連盟の団体試合があります。
子供の部と大人の部に分かれ、3人ずつ組んでの団体戦。
武徳殿からはおさむと、6年生、中2の男の子3人のチームが。
10歳からの出場資格だけれど、先生がお願いしてくれて
9歳のひろみも出場させてもらえることに。
ただ、武徳殿からこれ以上子供のチームが組めないので
他の道場の子供と組むことに。
上位3組には、面、小手、胴、となんと防具がもらえるのだそう。

このところ、試合形式の稽古をしてもらっています。
私は当日、ボランティアをするので(時間計りや、たすき結びなど)
今日は時計をもって時間を計りました。
試合は、最初に2本とったほうが
勝ちとなるが、なかなかこの1本というのがとれないもの・・・。
時間も3分となると、結構長いもので、耐久力も勝負のひとつ。
[PR]
by mparadise | 2005-05-24 04:01 | 剣道

黒糖レーズンブレッド

c0026482_15345946.jpg
黒糖ブレッドとレーズンパンのレシピを
組み合わせて作ってみました。
黒糖ブレッドの材料が全部揃わなかったので
(タピオカ粉やてんさい糖など)
ちょっとアレンジして作ってみたところ
思いがけなく、しっとりもちもちっぽくなって
結構美味しかった。
でも、黒糖の風味がものすごくあるわけでもなくて
もうちょっと黒糖を増やしてもいいかなぁと思ったけど
お砂糖が多い場合は、耐糖イーストを使わなくてはいけないそう。
レシピでは、普通のイーストを多めにして、早焼きコースで
焼くと良いとなっていたけれど、レーズンを入れるタイミングが
つかめないので、ミックスコールのついてる4時間コースに
してみました。
[PR]
by mparadise | 2005-05-22 15:32 | food

追記

ティファニーとひろみが二人で遊んでいるところへ
一緒に遊んで欲しくて、なにかとちょっかいを出すおさむ。
週4日、カンフーをしているティファニーに
けりを入れられて遊んでもらえないと
べそをかいて2階から降りてくる・・・。
そのうち、どんな手を使ったのか3人で遊び始め
家の中でかくれんぼをしている。
小5の男の子が、女の子とかくれんぼかぁ
と、微笑ましいやら情けないやら(笑)
全般的に見て、こちらで暮らしてる日本人の子は皆
日本の子よりも幼いというか、素朴というか。
日本に帰ってからの事を考えると
順応できるのか心配になってしまう・・・。

5時半にティファニーのママが迎えに来る頃に
焼きあがるようにレーズンブレッドを作っておいた。
焼きたててふわふわのパンをつんつんと押しながら
「わお!パン屋さんできるんじゃないの!?」
と喜んでくれたけど、ぺしゃんこになりそうなほど
パンを押さないでよぉ(笑)
[PR]
by mparadise | 2005-05-20 15:23 | キッズ

花金

・・という言葉はもう死語ですかねぇ(笑)
子供達も、金曜日の午後は現地校の宿題がないので
日本語の宿題さえ終われば、花金なのでアル。
(でも次の日は朝から日本語補習校ですが)

ひろみの現地校の友達、ティファニーが遊びに来ました。
いつもはほとんど、ひろみがティファニーの家へ遊びに行くことが
多いのだけれど(ティファニーの家が豪邸なので、ひろみがいつも
行きたがって)今日はめずらしく我が家へ。
台湾人のティファニーも、どちらかと言うと南国系少女。
4人きょうだいの末っ子でおてんばなティファニーとは
気が合う反面、衝突も多いみたいだけど
結局いつも二人で遊んでいる。
スポーツウーマンのティファニーのママは
ひろみとティファニーが自転車で学校に行った日の帰り
(私が手術の後で寝込んでたとき)自転車で迎えに行ってくれた。
c0026482_8244990.jpg
これから探検ごっこに行くんだと
腹ごしらえ。
c0026482_8272198.jpg

靴までおそろ~
サイズがだいぶ違うけど(^^;
[PR]
by mparadise | 2005-05-20 08:23 | キッズ

モカブレッド

c0026482_9484484.jpg
ほんの~りコーヒーの香り
コーヒーフレッシュがなかったので
ヨーグルトを少し加えて焼いてみました。
焼き立てを、なんにも付けずにそのまま食べるのが
美味しかったです。
[PR]
by mparadise | 2005-05-19 22:50 | food

アメリカに住んでいるからこそ、侍スピリッツを忘れずに。。ナショナルパーク巡りや美味しいものが大好き。愛剣一家ミヤパラもいよいよ14年目に突入です!


by mparadise